打ち合わせ中

独立開業が多い仕事

無料相談も行なっています。税理士を大阪でお探しですか?それなら様々なサービスで対応してくれるココがおすすめですよ。

税理士の資格を取得することで、税理士として働くことができます。
会計事務所に就職して働く方法もありますが、すぐに独立開業することもできます。税理士の場合は、経験年数、職歴が無くても独立開業することができます。
そのため、どこかの事務所や企業に就職するのではなく、独立開業して働く税理士も多いのです。
開業税理士として働いているのは、約8割です。つまり、事務所や企業で働いているのは2割程度しかいないのです。

なぜ独立開業する税理士が多いのかというと、理由は様々あります。
1つ目の理由は高い収入を稼ぐためです。税理士の顧客からの報酬というのは、自由に決めることができます。そのため、独立開業することで、自分なりの報酬システムを作成することができるのです。
また、どこでも開業しやすいというのも、理由の1つに挙がります。
税理士の顧客は、中小企業や個人などですから、全国どこでも、どのような土地でも働きやすいのです。そのため、全国各地に税理士事務所があります。

独立開業をする場合は、自分がどんな内容の仕事をしたいのか考えることが大切です。
企業に関する仕事をしたい場合は、企業が集合している地域に事務所を建てたほうが、そのような仕事が多く舞い込んできます。
個人の相談に乗るような仕事をしたい場合は、住宅街から違い場所に事務所を設立した方が、有利になる場合があります。
このように独立開業を行う場合は、工夫することが重要なのです。

確定申告の代理業務

確定申告という言葉を聞いたことがある人は多いですが、確定申告とは、一年間の収入や経費を税務署に申告することです。このような業務を代理して行うのが、税理士の求人内容です。

仕事の流れ

税理士の求人に応募する場合は、仕事の流れを知ることが大切です。税理士は顧客からの依頼、質問などの連絡が多く来るので、こまめにメールチェックする必要があります。また、顧客の所に何度も足を運ぶこともあります。

主な求人先

税理士求人を応募しているのは、主に3つです。会計事務所、コンサルティング専門の企業、一般企業の経理部などです。勤務先によって微妙に仕事内容は変わるので、自分がしたい仕事を考えて応募しましょう。

試験合格するために

税理士の求人に応募して働きたい場合は、税理士試験に合格する必要があります。その税理士試験を合格するための専門学校や大学などもあるので、自分に合った学校に入学して学びましょう。